グルメ

ルースズクリスステーキハウスのTボーンステーキディナー

投稿日:

ルースズクリスステーキ

どれもが美味しい、大満足のステーキハウス

2019年ハワイ初日の夕食は、ビーチウォークの2Fにあるルースズクリスステーキハウスでステーキをいただくことに。

このお店、ガイドブックやウェブでもよく紹介されており、予約なし、しかも週末で入ることが難しいと思っていたものの、運よく、テラス席であれば5分程度で通してもらうことができました。

オーダーシーン

我が家が注文したのは、アヒポキのカクテルとTボーンステーキ、そしてフライドポテト。

ブレッド&バター

最初にテーブルに運ばれてきたパン。写真のとおり、パンの上にバターをのせていますが、このバターがふわっとしたバターで、これがほんとうに美味。おのずと「これ旨いなぁ」と口から出てきました。

アヒポキカクテル

続いてはアヒポキ。まぐろの味、たれの味、そしてたまねぎの味、そしてそれぞれの触感、その全てに魅了され、これもあっという間になくなってしまいました。おいしいの2連続です。

ルースズクリスステーキ

そしてメインのステーキ。このお肉が運ばれてくる前に、ひとりひとりに取り皿が運ばれてくるのですが、ウェイターさんから、そのお皿には絶対に触らないようにと伝えられました。なんでもそのお皿、250度に熱せられているそうです。もちろんお肉もこれまた美味しく、骨についた少しの肉もナイフで一生懸命そぎおとすほどに、最後まで食べつくしてしまいました。おいしいの3連続。

フライドポテト

お肉と同じころに運ばれてきたフライドポテト。日本ではあまりフライドポテトを食べないですが、このポテトもまたまた旨く、つい、次々と口に運んでしまいました。

そのほか、お酒をはじめとする飲み物を少しだけ注文し、トータル金額はチップ・税別で約120ドルでした。大人2人と子供1人(比較的小食)の我が家は、このボリュームでおなか一杯。

ルースズクリスステーキハウス、このお店も、人に紹介したくなる美味しいお店でした。

★モデルプラン&持ち物リスト★

ピンクライン 1

子供と一緒のハワイ旅行では、ハードスケジュールでは子供に負担がかかってしまう、しかし余裕を持ちすぎた予定では勿体ない。じゃあどの程度の予定を組んでおくといいんだろう? ここでは、子連れハワイのモデルプ ...

ハワイ持ち物リスト 2

子連れハワイに限らず、比較的長期の旅行の時には準備が大変。そんな時、誰かがつくってくれた持ち物チェックリストがあれば、きっとその手間は多少なりとも楽になるはず。 そんな想いで前回のハワイの際にも持ち物 ...

タコ足 3

※ページが非常に長いので、目次内Q&Aをクリックして移動されることをオススメします!※アンサー文章内のリンクで、さらに詳しい情報ページへジャンプできます。※Q&A項目は順次追加します。 ...

-グルメ
-

Copyright© 子連れハワイモデルプラン&ガイド , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.