これぞ決定版!子連れハワイモデルプラン

ピンクライン

子供と一緒のハワイ旅行では、ハードスケジュールでは子供に負担がかかってしまう、しかし余裕を持ちすぎた予定では勿体ない。じゃあどの程度の予定を組んでおくといいんだろう?

ここでは、子連れハワイのモデルプランとして、我が家の実際の行動プランを反省とともにご紹介します。

滞在日数や行きたいところ、お子さまの年齢など諸条件が異なると思いますが、旅行期間が何日であれ、我が家は一日に入れ込む予定の上限をこの程度に抑え、子供が出来る限り過負荷にならないように意識しています。
*所要時間等は大体の目安ですが、各シーンで撮影した写真データから撮影時間を確認しているので、おおむね正確です。

*各所リンクから、詳しい記事にジャンプできます。

子連れハワイの事前作成プランと実際の過ごし方(7泊9日/小学生)

ワイキキビーチ

まずは計画表の予定と実績を比較してみます。

■2019年の事前ハワイ予定

2019予定
クリックで拡大できます

実際に我が家が2019年の子連れハワイに持参した予定表の内容です。空欄の箇所は事前に予定を入れず、現地で何をするか決めたり、予定変更となったイベントを移動できる時間として置いてあります。以前のハワイでも、このように半分弱を空欄として計画した結果、比較的ゆとりある毎日になりながら、毎日充実した日々になったため、今回もできるだけ空欄を設けるようにしています。

■2019年の実際のハワイの過ごし方(おすすめモデルプラン)

2019実績
クリックで拡大できます

そして現地での実際の行動を記録した内容がこちら。例えば2日目、元々は予定をあけていましたが、ここに後日行く予定であったパールハーバーを前倒ししました。そして3日目に予定していたダイヤモンドヘッドは、足の痛みから後半へと移動。すると3日目の予定がフリーとなるので、ここへ今度はチルドレンディスカバリーを前倒し。そんな感じで、現地で家族みんなの様子を見ながらやりくりします。

予定だけを見ると、スカスカと感じられたかもしれませんが、現地生活を振り返ってみると、時間が余ったというイメージはあまりありません。

次に、各日程の細かな内容をご紹介します。

【1日目のモデルプラン】

A380窓の外

ダニエル・K・イノウエ国際空港(10:00)→ ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ(11:30着、12:00入室*アーリーチェックイン)→ 昼食(13:30分@アラモアナ・センター)→ 昼寝(14:30~16:30)→ 海・プール(16:30~18:00)→ 夕食(19:00~21:00@ルースズ・クリス

1日目は少し昼寝をしたうえで、様子を見ながら泳ぐ程度の1日となりました。保育園の頃は初日は丸々休養にしましたが、小学校高学年にもなると(飛行機搭乗直後からずっと寝てくれてこともあり)、初日から十分遊べました。

空港からホテルへはタクシーで移動、昼食はアラモアナ・センターのLittle Cafe Siamアンティ・アンズです。ハワイ到着日の過ごし方は、こちらの記事にも記載しています。午前中に現地に到着し、ホテルチェックインが15時頃の場合、アーリーチェックインは一考の価値があるかと思います。

【2日目のモデルプラン】

ミズーリとアリゾナ

起床(8:00)→ 朝食(9:00~10:00@ラニカイジュース)→ パールハーバー(10:40~13:30)→ 昼食・買い物(14:30~18:45@アラモアナ・センター)→ 夕食(19:30~21:15@アペティート・クラフトピザ&ワインバー

初日は夜もしっかりと眠り、2日目からは時差ボケもない生活が始まりました。しかし2日目もイベントは少なめに控え(本来買い物程度の一日にする予定でしたが、子供があまりに元気なので急遽ミズーリを訪問)、体を慣らし、翌日からしっかり動ける準備日に位置付けています。

ホテルからパールハーバーまでは、定額で移動できるチャーリーズタクシーで移動。アラモアナ・センターのランチはPOKE & BOXでしたが、ここのポケ丼が美味しく、また食べたいと思うばかり。

【3日目のモデルプラン】

自動車整備

起床(9:00)→ 朝食(9:45~10:15@ラパーツ)→ チルドレン・ディスカバリー・センター(10:15~13:00) →カカアコ(13:00~13:45@移動兼ウォールアート見物)→ 昼食(13:45~14:15@カカアコ・キッチン)→ 買い物(14:20~16:00@ワード・センター近隣)→ 海・プール(16:45~18:00)→ 夕食(20:00~21:00@ホテル部屋*ブルーウォーターシュリンプ) 

子供が最も楽しみにしていたチルドレン・ディスカバリー・センター。ここは閉館時間が比較的早い(この日は13時)なので、午前中の訪問がマスト。ここを楽しんだ後、カカアコのウォールアートを見ながらワード・エリアで食事と買い物を楽しみ、ワイキキのホテルまで「歩いて」帰ってみたのですが、その後の海・プールもあり、この日は相当疲れました。

ワードセンターの中にアイランド・オリーブオイル・カンパニーというオリーブオイルとバルサミコ酢などの専門店があるのですが、ここは本当にお勧めです。

【4日目のモデルプラン】

アウラニ景色

起床(6:30)→ レンタカー受取(8:30~9:00*ハーツ@ハイアット)→ アウラニディズニーリゾート(10:00~13:00*キャラブレ)→ ワイケレプレミアムアウトレット(13:30~17:45)→ カハラホテル(18:00~18:45*マカダミアチョコ受取)→ レンタカー返却(19:15~19:30)→ ホテル(20:00~20:30*荷物置き)→ 夕食(21:15~22:30@サントリー

レンタカーの受け取りは、シーズンや時間帯によっては待ち時間が結構かかるので、時間の余裕をもって行動することをお勧めします。我が家は予約したクラスの車がなく、かなり大きいクラスに変更となったのですが、そんなこともあるので心づもりも必要(詳しくはこちら)。レンタカーを借りて1日どうしよう、という時には、これくらいのプランがちょうどいいと思います。

【5日目のモデルプラン】

サンダルベース

起床(10:30)→ ブランチ(11:15~12:15@カフェ・カイラ)→ 海・プール(14:00~15:45)→ 買い物・おやつ(16:15~17:30@ウォルマート)→ 買い物(17:45~18:45@ターゲット、アラモアナ・センター)→ サンダルワークショップ(18:45~19:45@アラモアナ・センター)→ 夕食(20:15~21:35@BLTステーキ

毎日しっかり予定を入れておくと、途中なにか予定変更があった時に対応が難しくなります。それゆえこの日は丸1日フリーの予定にしていました。前日、ホテルに戻ったのが遅い時間だったので、この日の午前中はみんなでゆっくり眠ることに。

ブランチのカフェ・カイラは、行きはタクシーを使いましたが、帰りは初めてのザ・バスでゆっくりとワイキキへ。ただ、ここまではよかったのですが、この後、海とプール、買い物、さらにはサンダルづくりと色々やりたいことに手を付けすぎ、バタバタになってしまったのは反省点です。

ちなみにこの日、ウォルマートへ行く前に、キャンプ・ペンギンの申し込みをしましたが、参加を予定されている方は、ぜひ早めに(前日などではなく)予約されることをお勧めします。

【6日目のモデルプラン】

ベトナム料理

起床(7:00)→ 朝食(7:00~7:15@ホテル部屋)→ キャンプ・ペンギン開始(8:00)→ 買い物(9:00~12:00@RHC、ロイヤルハワイアンホテルロスドレスエッグスンシングス)→ 昼食(13:00~13:45@ママ・フォー)→ キャンプ・ペンギン終了(15:00)→ 休憩(15:30~18:30)→ 夕食買い出し(19:00~19:30@ココ・コーブ)→ ヒルトン花火・夕食(20:00~21:00)

子供はこの日、ヒルトンのキャンプペンギンに参加していたので、8時~15時までの時間は夫婦だけの時間。そんな時間を使って、エステなどに行ってもいいかもしれません。前々回のハワイでは、夫婦でハイアットのロミロミに行きましたが、夫婦同時に同じ部屋、隣同士でやってくれるのはよかったです。

【7日目のモデルプラン】

登山道入り口

起床(6:00)→ 朝食( 6:30~7:00@ホテル部屋)→ ダイヤモンドヘッド(8:00~10:00)→ KCCファーマーズマーケット(10:30~11:00)→ 海・プール(12:00~14:30)→ 昼食・買い物(15:00~16:45@アラモアナ・センター)→ 買い物(17:00~17:30@ドン・キホーテ)→ 夕食(18:15~19:30@タオルミーナ)→ 買い物(19:45~20:30@DFS、ロングスドラッグ、ABCストア)

ダイヤモンドヘッドは最終日に移動。雨が降ったら断念の予定でしたが、幸いにも好天に恵まれました。また、予定にはなかったKCCファーマーズマーケットに偶然出会うことができたので、こちらにも立ち寄り。その後はアラモアナ・センターのほか、和食やポキなどのおかず・お惣菜が豊富なドンキにも足を運びました。

予定に余裕を持たせていたおかげで、KCCに寄ったり、最終日に大人も子供も最後の買い物を存分に楽しめたりと、最終日の名残惜しさはもちろんあるものの、何か大きなイベントを断念するなどもなく現地生活をほぼ終えました。

【8日目のモデルプラン】

ユナイテッド航空

起床(5:00)→ ダニエル・K・イノウエ空港(6:30)→ 離陸(10:15)

最終日はもう帰るだけ。朝が早いので、前日、子供をできるだけ早く寝かせることを心掛けました。

■現地でのスケジュールを振り返ると・・・

冒頭にも少し書いたとおり、予定の段階では結構余裕があるように見えるのですが、子供が毎日でも行きたがる海やプール予定が入ってくること、買い物もやっぱり時間をとること、前日の寝る時間が遅くなったり、疲れが出そうであれば、起床時間を遅らせたり、日中に休息をとったりすること、そして今回はホテルが中心部から少しばかり離れており、移動にもそれなりに時間が必要となったことなどから、時間が余ることはありませんでした。

個人的には、丸一日、今日はどうしよう?という日を設け、アラモアナパークを目的もなく散歩したり、ザ・バスに乗って思ってもなかったところに行ってみたいとも思ったのですが、残念ながらそんな余裕はありませんでした。

ちなみに今回は子供が小学生ですが、前回の保育園児のときも、概ね同じような予定でスタートし、結果は今回のように、なんだかんだ結構埋まりました。

折角の時間が勿体ない、という見方もあると思うし、もっと効率的な行動もできるかと思いますが、我が家のプランはだいたいこんな感じです。

プランも大事だけど、持ち物も大事!かゆいところに手が届く持ち物リスト!

この記事をご覧いただいている方は、これから訪れるハワイをどのように過ごそうかと考えていらっしゃる方が多いかと思いますが、是非ご覧いただきたいのがこのブログの持ち物リスト!

タコ足コンセントが実は持参不可欠なこと、栓抜きを持って行かないとコンビニでお酒を買おうにも飲めないケースがあることなど、実際に行って困ったからこそ持参するようになったアイテムも多々ご紹介しています。

一覧表をダウンロードして印刷もできるので、ぜひご自由にお使いください!

かゆいところに手が届く系、こちらもどうぞ。

★モデルプラン&持ち物リスト★

ピンクライン 1

子供と一緒のハワイ旅行では、ハードスケジュールでは子供に負担がかかってしまう、しかし余裕を持ちすぎた予定では勿体ない。じゃあどの程度の予定を組んでおくといいんだろう? ここでは、子連れハワイのモデルプ ...

ハワイ持ち物リスト 2

子連れハワイに限らず、比較的長期の旅行の時には準備が大変。そんな時、誰かがつくってくれた持ち物チェックリストがあれば、きっとその手間は多少なりとも楽になるはず。 そんな想いで前回のハワイの際にも持ち物 ...

タコ足 3

※ページが非常に長いので、目次内Q&Aをクリックして移動されることをオススメします!※アンサー文章内のリンクで、さらに詳しい情報ページへジャンプできます。※Q&A項目は順次追加します。 ...

更新日:

Copyright© 子連れハワイモデルプラン&ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.