観光・体験

パールハーバーで太平洋戦争を学ぶ

投稿日:

戦艦ミズーリ

圧倒されたスケールの戦艦ミズーリ

まずは手荷物預けから

パールハーバーのビジターセンター近くの駐車場にタクシーが到着したのは、もうすぐ午前11時になる頃でした。この時間では、当然アリゾナ記念館のチケットを入手することはできませんが、戦艦ミズーリであれば問題なく見ることができます。

まずは手荷物預けから。鞄などの荷物は持ち込めないので、ビジターセンター入口手前右手の手荷物預かり所に預けます。

パールハーバー手荷物預かり所

ちなみに手荷物預けは1つ5ドル。コインロッカーみたいなタイプではなく、スタッフさんに手渡しで預けるタイプの手荷物預け。荷物を預けると番号カードをくれるので、帰る際はそれを提示し、預けたカバンを受け取ります。ちなみにここのスタッフさんが親切で、荷物は1つ単位で5ドルだから、まとめられるなら、そのほうが安くなるから入れ込んだ方がいいよ、とアドバイスまでくださいます。

チケット購入、ミズーリだけならミズーリの入口で買えます

パールハーバービジターセンター

荷物を預けたら、まずはチケット購入です。ビジターセンターのエントランスをくぐると、その先にはチケットブースがあります。

我が家が並ぶ前には30名以上は並んでおり、これはしばらく時間がかかるなぁ・・・と思っていたら、突然列の横に現れた係員さんが大きな声で、「ミズーリミュージアムしか行かない人?」と聞きながら該当者探しを開始。ただ、英語なので、本当にそう言ったのか、勝手に我が家がそう解釈したのが自信が持てず、挙手できずにモジモジ・・・。

すると、たまたた隣にいた1組の外国人ファミリーが挙手。これ幸いと聞き耳をたてていると、「ミズーリだけの人はここ(ビジターセンターのチケット売り場)でチケットを買う必要はなく、先にバスに乗ってミズーリに行き、そこでチケットを買えばいい」とアナウンスした模様。

この情報をもう一度ちゃんと聞きたく、まるで後出しじゃんけんかのごとく、「うちもです」と係員さんに申し訳なさそうに伝えると、やはり先にバスでミズーリへ行き、そこでチケットを買う方が早いとのアナウンス。

ということで、ここではチケットを買わず、先にバスに乗って、ミズーリに行くことにしました。

並ばずに購入できた、戦艦ミズーリ入場券

戦艦ミズーリ

戦艦ミズーリの前でバスを降り、少しばかり足を前に進めると、目に飛び込んでくるのは前方にそびえる戦艦ミズーリの姿。事前にネットで見た写真からも、そのスケールに驚きましたが、生で見ると本当に壮大な姿。

ここから、ミズーリの入口に向かう途中、確かにチケットカウンターがありました。しかもこちらに並んでいたのは1組だけ。待ち時間もほとんどなく、チケットを購入することができ、さっそくミズーリに乗船です。

参加してよかった、日本語ガイドさんによるミズーリ案内

乗船すると、すぐさま案内の方に「どこから来たのか?」と聞かれたので「JAPAN」と回答。すると、日本語のパンフレットをくれるとともに、日本語ができるガイドさんのところに案内してくれました。これに続き、日本語ガイドさんによるミズーリの案内はいかが?と問われ、これは絶対に聞きたいのでお願いし、およそ10分ほどの後、日本語ガイドツアーが始まりました。

ミズーリ日本語ツアー

同じグループには、総勢12名の日本人が参加し、小一時間、ガイドさんの説明に耳を傾けながら、ミズーリの各所を見学。その途中では、ゼロ戦でミズーリに突っ込んだ19歳の日本人のこと、その亡骸をアメリカ軍の兵士たちが日の丸でくるみ水葬したこと、そして降伏文章のことをはじめ、戦争のことや船自体のことを数多く解説してくれました。

ミズーリとアリゾナ
ミズーリ飛行機衝突跡

ミズーリの中でも、たくさんのことを学ぶことができます

日本語ガイド終了後は、甲板より下(船の中)と甲板より上の部分を見学。船の中では、乗船員の食堂やベッドをはじめ、長期にわたり会場にいるからこその船内の設備を目にすることができます。また甲板より上の階に進むと、そこには指令室をはじめとする内部を目にすることができます。

そして船の中には、数多くの資料も展示されています。日本語で書いてくれているところもありますが、英語だけのところもあり、全てが全て、それが何なのかを理解できた訳ではありません。しかし、例えば下の写真などは、説明がなくても、この女性の境遇や想いは見当がつきます。

ミズーリ内資料

数多くの展示に、いろんなことを考えさせられるパールハーバー、戦艦ミズーリの見学。小学生の我が子には、まだ少し難しかったかもしれませんが、大人である僕にとっては見学に行ってよかったと思うばかりです。

ミズーリ船内

パールハーバーからワイキキへの帰路もチャーリーズタクシー

ミズーリ見学を終えたら、再度バスに乗ってビジターセンターへ戻ります。行きはビジターセンターからミズーリに直接来ましたが、帰りは航空センターなどを経由し最初のバス乗り場に戻るため、行きよりは長くバスに乗ります。

ビジターセンターに到着し、バスを降りたらチャーリーズタクシーにさっそく電話。日本語ダイヤルに電話すると、なんとも流暢な日本語で対応くださり、15分くらいで到着するとのこと。

それなら、お土産売場を通り抜けて、朝タクシーを降りた場所へ向かえばちょうどいいかなと思いながら行動していると、10分くらい経過したところで、覚えのない番号からの着信。もしやチャーリーズタクシー、もう到着した?と思いながら電話に出ると、予想通り、チャーリーズタクシーからの電話でした。なんとも早い配車。

遅れたことを運転手さんに謝ると、運転手さんもまた日本語が流暢。流暢な日本語。帰りのタクシーの中では、行きと同じくモノレールの話になり、東京のゆりかも、関西で言えば関空の中を走っているモノレールみたいに無人運転が展開されること、橋げたの欄干ひとつひとつに模様が入ることなどをはじめ、かなり詳しくモノレールのことを教えてもらいました。

ちなみに帰りも定額。最初から値段がわかっているのは、やっぱり何かと安心です。

★モデルプラン&持ち物リスト★

ピンクライン 1

子供と一緒のハワイ旅行では、ハードスケジュールでは子供に負担がかかってしまう、しかし余裕を持ちすぎた予定では勿体ない。じゃあどの程度の予定を組んでおくといいんだろう? ここでは、子連れハワイのモデルプ ...

ハワイ持ち物リスト 2

子連れハワイに限らず、比較的長期の旅行の時には準備が大変。そんな時、誰かがつくってくれた持ち物チェックリストがあれば、きっとその手間は多少なりとも楽になるはず。 そんな想いで前回のハワイの際にも持ち物 ...

タコ足 3

※ページが非常に長いので、目次内Q&Aをクリックして移動されることをオススメします!※アンサー文章内のリンクで、さらに詳しい情報ページへジャンプできます。※Q&A項目は順次追加します。 ...

-観光・体験
-

Copyright© 子連れハワイモデルプラン&ガイド , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.